ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
ジュエリー
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 「ヴィクトリア女王」ダイヤ付ストーンカメオ

    商品詳細

    カテゴリ ジュエリー
    品番 5441
    商品名 「ヴィクトリア女王」ダイヤ付ストーンカメオ
    イギリス
    年代 1850年頃
    サイズ
    お問い合わせはコチラまで

    sold out
    ヴィクトリア女王とは、1837年から1901年まで在位した、英国の女王です。
    18歳で即位し、1901年に崩御するまでの約64年の治世は英国王中最長であり、「ヴィクトリア朝」と呼ばれる大英帝国の黄金期でした。

    ヴィクトリア朝の時代に流行したジュエリーは、ヴィクトリアンという時代区分で区分けされます。64年と長い期間であるため、一般的に初期、中期、後期と分類されます。1850年頃は初期の終盤に当たります。

    英国は、この時期すでに産業革命を成し遂げており、世界市場に強大な影響を与える存在となっていました。産業の発達は英国に豊かな中産階級を生み出しました。

    ヴィクトリア女王の安定した治世の元、絢爛たる繁栄の時代を迎えた英国ですが、宝飾品の世界においても、いまだかつてない華麗なジュエリーの数々が生み出されることになりました。

    ヴィクトリアン初期はリボン結びや花、花輪などルイ十六世風のデザインが流行し、ドレスも大きく膨らみのある、装飾の多いものがモードとなりました。それに合わせてジュエリーも大ぶりのものを大量に身につけることが流行し、ダイヤモンドのネックレスやブローチが好まれました。

    また、ヴィクトリア女王がカメオを愛し好んで身に着けたため、カメオの人気は高く、一八四一年に世界初の旅行会社が設立されたのをきっかけに、多くの英国人が本場であるフランスやイタリアへカメオを仕入れに出かけました。

    そんな当時の気風を、この作品は見事に反映しています。
    英国の繁栄の象徴であるヴィクトリア女王をデザインしたカメオが中央に配され、華やかなダイヤモンドの花が周りを囲っています。
    ヴィクトリアン時代を代表するような、豪華で美しい逸品です。