ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
ガラス
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 朝顔文象嵌トレイ

    商品詳細

    カテゴリ ガレ
    品番 4363
    商品名 朝顔文象嵌トレイ
    フランス
    年代 1910-20年頃
    サイズ 幅 65.0cm 奥行 39.0cm
    お問い合わせはコチラまで

    象嵌は様々な種類の木材を模様に合わせて切り抜き、はめ込んでいく技法。
    木がもつ色合いや模様、質感を持った様々な材質の木を組み合わせることで独自の雰囲気が生まれます。そこでガレはこの技法をアール・ヌーヴォー様式の家具に取り入れることで新たな表現方法を見出しました。遠近法を巧みにつかい、木目を活かした背景に朝顔の花弁を幾つもの異なる木材を使って表現しています。曲線の多いデザインは高度な技術を要し、ガレのガラス作品に比べると家具の制作数は少なく貴重な逸品です。