ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
工芸品
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 額装

    リモージュ 女性図エナメル彩額装

    P. Bonnaud, Limogesのエナメル彩額装です。
    ポール・ボノー(1873-1953)はアールヌーヴォー期を代表するエナメル絵付け職人でした。 彼は20世紀の初頭に制作を開始し、彼のスタジオではエナメル彩色を駆使した様々なジュエリーやエナメル彩画を制作しました。

    ミントン 女性図絵皿額装

    sold out
    中央絵付け(女性図):Anton Bullemier(1840-1900年)
    フランスのメッツに1840年に生まれた彼は、セーブルの有名な装飾師を父に持ち
    彼自身もセーブルにて絵付師として活躍する。
    1870年英国に移住しミントン窯で働く。
    1870年ビクトリア女王の息子ウエールズ王子の為に、250種類もの異なる絵柄のデザート皿を描いている。
    彼の伸びやかな絵筆が描きだす優美で愛らしい作品の数々は、1878年のパリ万博はじめ、この時代の多くの展覧会に出品され、ミントンを代表する世界的に著名な(特にアメリカ)絵付師として後世に名を残している。