ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
ジュエリー
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ブローチ

    オパール・ダイヤモンド ブローチ

    19世紀ヴィクトリア時代の美しいオパールブローチです。光の当たり方で、次々に石の中から湧き上がってくる幻想的なプレイオブカラーはオパールの中の珪酸による光の干渉と回折によるものです。
    本作品は上質な大粒のオパールをダイヤモンドのリボンノットとフェストゥーンで囲み、その下にドロップ型のオパールを雫のように配した女性的で瑞々しい作品となっています。

    シェルカメオブローチ「フローラ」

    18Kダイヤ付エマーユ

    エマーユとはエナメル七宝のことで、アールヌーボー期にとても人気があったジュエリーです。
    女性の肌の質感や柔らかそうな髪の毛が繊細に描かれ、ダイヤがあしらわれたゴージャスなジュエリーとなっています。

    ダイヤ・パール ギロッシュエナメル「沐浴するヴィーナス」ブローチ

    ギロッシュエナメルとは、帝政ロシア時代の天才ジュエリー作家ファベルジェが最も得意とした技法として知られています。
    エナメル彩画を施す前に、金属の表面に同心円、放射状などの繊細で美しい模様を彫り込み、そのうえに様々な色彩の半透明のエナメル彩をかける技法で、彫りの深さにより色の濃淡が生まれます。
    繰り返しのパターンがさざ波のように浮き出して美しい模様を描きます。
    こちらのジュエリーのヴィーナスと天使も多彩な色使いで細かく描かれており、職人の高度な技術と丁寧な仕事が非常に伝わってくる作品です。
    そして周りにあしらわれたダイヤモンドとパールが美しさを優しく引き立てています。

    シェルカメオブローチ「アテナ」

     アテナとは、ギリシャ神話に登場する知恵、工芸、戦略、戦いをつかさどる女神です。
    オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々であるオリュンポス12神の一人でもあります。

     アテナは「アイギスの盾」と呼ばれるゼウスから譲り受けた盾を持っています。アテナはこの盾に自身が怪物へと変え「英雄ペルセウス」が退治した「怪物メデューサ」の生首を埋め込んでおり、メデューサの石化の呪いで敵を石に変えることもできました。他にも彼女の後に控える100人の兵が隠れるほど巨大な兜も装備しており、槍を武器に戦いました。
     
     このカメオには盾と槍を携えたアテナの姿が描かれています。翼の細かな細工と、衣の表現が非常に美しい作品です。
    また、カメオを縁取る金枠も見事です。アールヌーヴォー調の曲線が複雑に絡み合い、立体感のある膨らみが雲の上のような神話の世界を思わせます。
    濃いシェルの色合いが美しい、存在感のある逸品です。

    エナメル彩ブローチ「豊穣」

    果実とその栽培を司るローマ神話の女神ポモナが、エナメル彩で描かれています。
    服のしわや表情まで、非常に精緻に描かれており、周囲にはダイヤがあしらわれた豪華な作品です。
    エナメル彩はガラス質の釉薬で描き炉に入れ800度の熱で焼形しますが、色によって温度差が違うため、多彩で彩りの美しいエナメルはより高度な技術が要求されることとなります。
    また、顔料と素地が一体化し、半永久的にはがれや変色を起こさないため、何年経っても当時の美しい状態を楽しめることも特徴です。

    「ヴィクトリア女王」ダイヤ付ストーンカメオ

    sold out
    ヴィクトリア女王とは、1837年から1901年まで在位した、英国の女王です。
    18歳で即位し、1901年に崩御するまでの約64年の治世は英国王中最長であり、「ヴィクトリア朝」と呼ばれる大英帝国の黄金期でした。

    ヴィクトリア朝の時代に流行したジュエリーは、ヴィクトリアンという時代区分で区分けされます。64年と長い期間であるため、一般的に初期、中期、後期と分類されます。1850年頃は初期の終盤に当たります。

    英国は、この時期すでに産業革命を成し遂げており、世界市場に強大な影響を与える存在となっていました。産業の発達は英国に豊かな中産階級を生み出しました。

    ヴィクトリア女王の安定した治世の元、絢爛たる繁栄の時代を迎えた英国ですが、宝飾品の世界においても、いまだかつてない華麗なジュエリーの数々が生み出されることになりました。

    ヴィクトリアン初期はリボン結びや花、花輪などルイ十六世風のデザインが流行し、ドレスも大きく膨らみのある、装飾の多いものがモードとなりました。それに合わせてジュエリーも大ぶりのものを大量に身につけることが流行し、ダイヤモンドのネックレスやブローチが好まれました。

    また、ヴィクトリア女王がカメオを愛し好んで身に着けたため、カメオの人気は高く、一八四一年に世界初の旅行会社が設立されたのをきっかけに、多くの英国人が本場であるフランスやイタリアへカメオを仕入れに出かけました。

    そんな当時の気風を、この作品は見事に反映しています。
    英国の繁栄の象徴であるヴィクトリア女王をデザインしたカメオが中央に配され、華やかなダイヤモンドの花が周りを囲っています。
    ヴィクトリアン時代を代表するような、豪華で美しい逸品です。

    ダイヤブローチ

    ≪宝石鑑別書付:ダイヤモンド≫
    sold out

    ダイヤ・パールブローチ

    ≪宝石鑑別書付:パール・ダイヤモンド≫

    アンティークジュエリーによく用いられるナチュラルパールの解説です。
    ナチュラルパール 100年の時を経ても変わらぬ真珠の輝き

    ダイヤ・パール・サファイア トレンブラントブローチ

    トレンブランはフランス語で「震える」を意味します。動きに合わせて本物のお花のように揺れるトレンブラントブローチ。お花の裏側のスプリングの仕掛けで動きます。お花の中心にサファイアが飾られインパクトのある作品です。
    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド・サファイア・真珠≫

    アンティークジュエリーによく用いられるナチュラルパールの解説です。
    ナチュラルパール 100年の時を経ても変わらぬ真珠の輝き

    サファイア・ダイヤモンド・ストーンカメオブローチ

    ≪宝石鑑別書付:カルセドニー(瑪瑙)・天然ダイヤモンド・天然サファイア≫
    sold out

    エンジェルゴールドブローチ

    sold out
    3cmという小さな中に、エンジェルが表情豊かに立体的に表現されています。
    ≪宝石鑑別書付:ルビー≫

    鳥型ダイヤモンドブローチ

    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド・ルビー≫
    鳥のモチーフでジュエリーが作られた例としては、ヴィクトリア中期まで盛んに作られた、ドーヴと呼ばれる鳩のデザインを上げることができます。
    ドーヴは可愛らしい形で、多くは勿忘草花などの花が一緒にデザインに組み込まれています。
    全体がダイヤモンドで、瞳がルビーで愛らしいながらも豪華なブローチです。

    ロゼットデザイン ダイヤ・パールブローチ

    sold out
    美しいハーフパールとブリリアントカットのダイアモンドをあしらったロゼットデザインのブローチです。これらの宝石の組み合わせやデザインは、ベルエポックの時代大変人気ありました。

    アンティークジュエリーによく用いられるナチュラルパールの解説です。
    ナチュラルパール 100年の時を経ても変わらぬ真珠の輝き

    「バッカンテ」シェルカメオブローチ/ペンダントトップ兼用

    バッカンテとは、ギリシャ神話に登場する葡萄酒と豊穣の神、バッカスに仕えた巫女です。ギリシャへ旅するバッカスに付き従い、信仰の儀式を行った女性たちのことです。その頭には葡萄の蔦の髪飾りが冠されています。
    彼女たちは、マイナスとも呼ばれ、その意味は「狂女たち」という少し物騒なものです。バッカスの神秘によって酩酊し、夜毎、恍惚状態で、狂ったように踊り、歌う姿がその名前を表しています。

    バッカンテの姿は、ミケランジェロ、ルーベンスをはじめ、多くのルネサンスやバロックの画家が描いてきました。このモチーフは19世紀に大変好まれ、様々な絵画でその姿を見ることができます。
    抑圧からの解放を表現するテーマとして、賑やかに歌い踊る美しい女性たちは魅力的だったのでしょう。

    また、カメオの題材としても非常に多くの作家がバッカンテを選びました。そのほとんどが、狂女のイメージとは裏腹に、凛とした女神の横顔であることがほとんどです。
    こちらの作品も同じように、巫女としての側面を映し出した美しい女性の横顔が彫られています。バッカンテの特徴である葡萄の髪飾りが大変細かく繊細に彫られ、やわらかなうねりのある髪の毛の表現と一体になって非常に美しい仕上がりです。フレームもオリジナルで、精緻な金細工やホワイトエナメルが施されています。