菅原道真公の飛梅が満開

京都案内

郵便局へ行く途中に・・・
梅が満開でした。

ギャラリーキャメルのすぐ近く管大臣神社という神社があります。
今から約1000年前、菅原道真公の紅・白梅殿という邸宅や、菅家廊下(かんけろうか)と称する学問所の跡で、また道真生誕の地と伝えられ、境内には産湯の井戸が保存されています。

菅大臣神社

道真は左遷され
京の住み慣れた家から遠く九州の太宰府へと行かなければならない心情を、歌にして詠みました

「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」

そんな道真の悲しい思いが残る梅の木がここにあります。

東風とは春風の事です。
主なしとは、そうまさに
・・・主を失ったこの梅の木。

しかし主を失った梅の木ですが
な、なんと!
この京の地から道真のいる太宰府まで一夜で飛んでいった事から「飛梅」という名が付いたのです。

菅大臣神社の飛梅(とびうめ)
それが、この「飛梅(とびうめ)」です。

edf

今、その梅が見頃を迎えています。

コメント