ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
「甘美なる怪物」コレットと真珠の輝き

「甘美なる怪物」コレットと真珠の輝き

コレット 真珠

見る者を一瞬で魅了せずにはおかない真珠の白く優しい輝きは、貝の中で育まれ幾重にも重なる真珠層のなせるわざ・・・

まるで歳を重ねるごとに、美貌と知性、プライドを増していく大人の女性にどこか似ています。

女流作家コレットの生涯

そんな素敵な大人の女性と随所に象徴的な真珠が登場する小説「シェリ」は、フランスの国民的女流作家コレットによる1920年の作品です。

ベル・エポックのパリ

時は華やかなりしベル・エポックのパリ。

ココット(高級娼婦)を引退し、優雅にブルジョア生活を送る美女レアと、退廃的な魅力を漂わす25歳下の美青年シェリとの恋と別れの物語です。

貧しく惨めな青春時代を激しく働かなければならなかったコレットは、多くの恋愛遍歴を重ねながらも、決して男に依存することはなく、常に自由を求め、そして書き続けました。

19世紀後期から20世紀半ば 2つの大きな世界大戦を経て、世の中の価値観も女性のあり方も大きく変わった時代の転換期を、自分らしく逞しく生き抜いた、女流作家コレット。

晩年のコレットのもっとも親しい友人のひとり、ジャン・コクトーは彼女の人生をこう語ります。

— スキャンダルにつぐスキャンダル。それからすべてがひっくり返って、彼女は崇拝の的になった —

Sidonie-Gabrielle Colette (1873-1954)

コレット

「甘美なる怪物」と敬意をもって呼ばれた作家コレット。

小説さながらの81年におよぶ彼女のドラマチックな生涯は、もっとも栄誉ある国葬というかたちで幕を閉じることになります。

コレット 真珠のネックレス

上: ダイヤモンド・パールペンダント 1890年頃 イギリス
下: パールネックレス 1920年頃 イギリス