ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
バカラ ローハン グラス
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • バカラ ローハン グラス

    バカラ ローハン グラス

    ただいまギャラリーキャメルのオンラインショップ開店に向けて、写真撮影とデータ作成を頑張っております!

    ガラス類は照明が当たるととってもキレイですね。

    バカラのグラス「ローハン」シリーズ

    バカラ ローハン グラス

    画像はバカラのグラス「ローハン」シリーズです。このシリーズは、フランスにある町の名前から命名されました。

    1855年に開催されたパリ万博で名誉大賞を受賞したローハンは、160年以上も愛されてきたグラスです。

    バカラのグラスは1855年のパリ万博だけでなく、1867年、1878年の万博でもグランプリを受賞しています。これを機にバカラは王室からの注文を受けるようになり、バカラの名前は世界へと広まっていきました。

    バカラ ローハン グラス

    ガラスの工芸手法である「アシッドエッチング」という技法で繊細に描かれたつる草模様が美しいですね。

    エッチングはこの頃から見られるようになった手法で、全体的に装飾された植物模様のエッチングが、高級感を生み出しています。

    バカラ ローハン グラス

    1936年以降に作られたバカラのグラスには、上記のマークが入っています。マークが入っていないものは、それ以前に作られたものです。

    それ以前のバカラグラスには、シールが貼られていました。グラスの裏に貼られたシールは、洗う時に取れてしまうものが多く、マークのないアンティークバカラもたくさんあります。

    シールが残っているものは実際に使われず、飾りやディスプレイとして扱われていたと考えられるため、よい状態で残っているものが多いです。

    バカラのローハンは今でも生産されており、バカラグラスの中でも根強い人気を保っています。

    現在のローハンとアンティークバカラのローハンは、エッチングの彫の深さが違います。現在のローハンより、古いローハンのほうが彫が深くなっています。

    バカラのローハンは、シャトーブリアンと似たような模様なので、よく間違われます。ローハンはグラスのリム(口に触れる部分)がまっすぐに作られています。