ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

エナメル七宝で描かれた人魚と魚の壁掛けをご紹介します。

エマーユ(emaille)とはフランス語でエナメル七宝のことを言います。英語ではエナメル(enamel)と表記します。日本では七宝焼でおなじみですね。

サイズ:16.0×12.6cm
年代:1900年頃
国名:フランス

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

子供かと思いきや、よく足元を見ると尾びれが・・・もしかして人魚!?

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

英語では若い女性の人魚はマーメイド (mermaid)、男性の場合はマーマン (merman) と呼ばれます。

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

やんちゃな男の子の雰囲気なのでマーマンでしょうか?

このエマーユは魚を捕まえているようなしぐさがモチーフになっています。

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

現代、人魚を描く際には尾びれが1つのことが多いですが、古い絵などには2つの尾びれを持った物が多く描かれています。スターバックスのマークの人魚も2つの尾びれですよね。

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

エマーユの両面で絵柄が違うので、気分によって使い分けていただけます。

エマーユ七宝壁掛け 人魚と魚

エナメル七宝 エマーユ(emaille)とは

鮮やかな光沢と色彩の美しさが特徴のエナメル七宝「エマーユ(emaille)」は、紀元前2000年頃のエジプト・メソポタミアで生まれました。

英語ではエナメル、日本では七宝と呼ばれるエマーユは、16世紀にフランスへ伝わり、17~19世紀頃になるとリモージュ磁器やリモージュ焼で著名なリモージュ地方で盛んに制作されるようになりました。

エマーユは磁器や工芸品の街、リモージュでさらに発展し、洗練されたデザインと精巧な技術によって、アールヌーヴォーの時代を代表する美術工芸品となりました。

モチーフも聖母マリア像や天使、神話、女性像、幾何学模様など様々で、釉薬が織りなす鮮やかな色彩は、焼き物とは思えないほどの美しさです。

ところで・・・このエマーユのモチーフとなった「人魚」をネットで画像検索すると、ところどころ恐ろしい画像が出てきます(o゚□゚)o

人魚のミイラ・・・画像検索する際はお気をつけくださいませ。