ヨーロッパアンティーク Gallery Camel

お問い合わせ
075-342-3585
ジュエリー
  • アンティークジュエリー技法説明
  • ルネ・ラリック ガラス技法
  • ガラス工芸家 ドーム兄弟について
  • ギャラリーキャメル 最新情報

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • リング

    「ヒッポカンポス」ブローチ&イヤリング

    ヒッポカンポスとは、ギリシア神話に登場する半馬半魚の海馬です。頭と胴は馬で、下半身は魚の姿をしており、前脚には水掻きがあります。
    海の神であるポセイドンの乗る戦車を牽く幻獣であり、イギリスとノルウェーと間の海に棲んでいると言われています。その姿は数々の絵画や船首像などに見ることができます。
    また、イギリスの都市では市章の柄の一部として採用しているところもあります。

    このブローチが作られたイタリアは、古来より珊瑚の代表的産地です。その歴史は古く、なんと紀元前まで遡ることができます。本格的に珊瑚漁が始まったのは、5千年前シチリア島の漁師たちの素潜りによるものでした。江戸時代に日本近海で珊瑚が発見されるまで、珊瑚といえば地中海珊瑚のことであり、地中海における珊瑚ビジネスはイタリア商人が支配していました。
     
     また、イタリアには優れた彫刻職人が多くいました。カメオはナポレオンがイタリア遠征から持ち帰り、自らもカメオを愛好したことにより大流行したのですが、その際にイタリアから職人を招いて宝石彫刻の学校をパリに開設させた程です。

     このブローチとイヤリングは、そんな職人の技術の高さを堪能できる作品となっています。中央のブローチには幻の獣ヒッポカンポスが鱗の一枚一枚まで極めて精緻に彫刻されています。尾の部分の立体感も見事です。周りには海の生き物がヒッポカンポスを取り囲むように配置され、非常に絢爛なデザインとなっています。
     イヤリングには小さな貝と胴の長い魚がデザインされ、こちらも微細に彫刻されています。ぶら下がった巻貝は、着用すると揺れて存在を主張し、目を惹きます。
     海に棲む幻獣と生き物達を珊瑚というぴったりの素材で表現した、職人技とデザイン性が光る素晴らしい作品です。

    ダイヤ・サファイヤリング

    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド・サファイヤ≫

    ダイヤモンド・アールデコリング

    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド≫

    オパール・ダイヤモンドリング

    ≪宝石鑑別書付:ホワイトオパール・天然ダイヤモンド≫

    ダイヤモンドリング

    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド≫

    ルビー・ダイヤモンドリング

    ハートミックストカットがロマンチックなリングです。
    ≪宝石鑑別書付:ルビー・天然ダイヤモンド≫

    スネークリング

    sold out
    古代から神の使いとして特別な動物として扱われ、日本でも金運をもたらすお守りとして人気の蛇のモチーフですが、19世紀イギリスでは、ヴィクトリア女王が正式な婚約指輪としてスネークリングをえらんでから、色々なデザインの蛇のモチーフが好んで身に付けられるようになりました。ここでは、ゴールドの三匹の蛇の頭と目にダイヤモンドとデマントイドガーネットが効果的に使われています。
    頭部・・・ダイヤモンド / 瞳・・・ガーネット
    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド・ガーネット≫

    ダイヤモンド・パールリング

    美しいベルエポックのリングです。縦に配置された中央のダイアモンドと二粒のパールが指長効果を演出してくれます。全体が指に添うので、華やかで凝ったデザインであるにも関わらず、決して出過ぎた感じがせず、お洋服だけでなくお着物にも上品にコーディネート出来るリングだと思います。
    楕円にふくろう 刻印あり
    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド≫

    ダイヤモンド・エメラルドリング

    1・5キャラのオールドヨーロピアンカットのダイモンド。取り巻きにカリブレカットされたエメラルドと左右のショルダー部分に2個のダイヤが飾られています。フープも細く、嫌味なく大粒のダイモンドが指にすっと乗ってくる一見したところシンプルなデザインのリングです。しかし、よく見ると本体のゴールドのベゼル部分とプラチナのシャンクの側面には同じ連続文様が彫刻されており、ベゼルの裏側もキチッと指あたりよく沿うように計算されたカーブがつけられています。一見して見えないところにこだわる。これもまたアンティークジュエリーの醍醐味だといえます。
    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド・エメラルド≫

    アイリスダイヤリング

    見事な彫金が美しい一輪の西洋あやめ。モネ、ゴッホ、ミュッシャなど多くの時代の芸術家達がこの花を彼らの作品に描きました。アイリスは、アールヌーヴォー期に愛された時代の花で、花言葉は、「良き便り」「情熱」[愛]です。中央のブリリアントカットのダイヤモンドから流れる曲線の葉に、同じく白い地金でダイヤモンドをセッティングしており、ゴールドの花とのコントラストが作品の雰囲気をより洗練されたものにしています。
    ≪宝石鑑別書付:天然ダイヤモンド≫